こういち君とつよし君

雑食系女子がKinKi Kidsについてひたすら語る場所

KinKi Kids CONCERT 20.2.21 レポ

 

東京公演二日間お疲れさまでした!

 

以下、公演内容バレバレの自己満レポです。

ご注意を。

 

 

 

 

 

 

 

***

 

2017.12.16(sat)18:00→

 

KinKi Kids CONCERT 20.2.21 

 

in TOKYO DOME

 

 

***

 

 

00.overture

 

ステージにかかるシースルースクリーンに

飾られたKinKi Kidsの楽曲名達と真ん中には

今回のコンサートタイトル

 

フルオーケストラということもあって

透けて見える楽器の多さに胸が高鳴りました。

 

始まった瞬間、東京ドームいっぱいに広がる音色と

光(ライト)の数々

 

KinKi Kidsのシングルを

オーケストラでメドレー形式に演奏し演奏最中の曲は

スクリーンでわかるように他の文字色とは色を変えて。

オーケストラの音に馴染みのない人でも

わかるように目に訴えかける演出

 

この曲はこんな風に演奏されるのか!と発見の連続

やっぱり違うんです

知ってる曲なのに知らない曲

 

そして「Anniversary」

 

スクリーンにこの楽曲とコンサートタイトルだけ残して

静かに音を引いていきます

 

まさかまさかと思った事は的中し

いきなりこの曲です。

もう勘弁して

 

01.Anniversary

 

静まる客席と緊張感

聴こえてきたのはアカペラで始まるAnniversary

 

ステージのバックで輝く無数の光が

まるで星空のようで本当に綺麗でした

 

人工的に作られたものなのに

そこに存在する全てが美しくて、儚くて、、

一瞬で鳥肌がたった

 

そして、更に盛り上げるように

オーケストラの音楽が続き二人の歌声とひとつに

 

大好きな剛さんの声だ。二人のハーモニーだ。

間違いなく帰ってきた。

そんな大きすぎる感動で目が潤みました。

 

02.スワンソング

 

フルオーケストラと聞いた時から

絶対に聴きたいと思っていた曲

 

でも、ちょっと、

最初からクライマックスすぎて心がしんどい

 

踊りは出てきたダンサーさんに任せ

二人は歌に全力を

 

手をお互いに伸ばす場面も見れず寂しい気もしましたが

必死に声を出す二人の表情が楽曲と合っていて

 

"死にゆく鳥が綺麗な声で 歌うように波が泣いた"

 

このフレーズが胸に刺さりました

 

03.青の時代

 

イントロ流れた瞬間、息が出来なかった

 

真っ青のライトで作られた空間

どうしたって思ってしまう

 

MC前のこの三曲の並び

 

Anniversary=二人でこの夏 歌えなかった曲

スワンソング=全てがKinKi Kidsの王道 圧倒的世界観

 

照明も「青」だった。

ずっとずっと、「青」だった。

剛さんが戻ってきた事を伝えようとしている様で

涙が止まりませんでした。

 

 

 

MC① ※箇条書き※順番ごちゃごちゃ※雰囲気です

 

*「見に来てます」

フルオーケストラと言う事でいつもと違う雰囲気の会場→緊張してるのか?と客席を見て突然の「見てんじゃねーよ」発言→剛さん「あの、見に来てます(笑)」→光一さん「え?」見に来てるの?ととぼけ顔→聴きにも来てるし見にもきてますが言いたいのに噛み噛みになってにもにも発言するただの可愛い剛さん→光一さん「(雪崩顔)」・・・幸せか。

 

*「きみまろさんなの?」

嵐さんのライブを上の方で見た光一さん「こんなんだぜ!」と小ささを指で表現し昔の彼らの身長について触れる「こんなに小さかったのにさ、あんなに大きくなって・・・」そして既に抜かされてる身長を考えた結果「俺らどうなるの?」→剛さん「ミクロの世界やな」→今回の演出色々考えたけどこの(メイン)ステージだけでやる事にしました!と話しながら笑いを起こす光一さん→光一さん「俺、絶好調(やってやった感満載)」→鉄板ネタ化してきてますけど「ネタ帳あるの?」と問う剛さんに全力笑顔の光一さん(どっかのタイミングできみまろさんっぽい「奥さん!」って発言があった気がする。ここじゃなかったかな~)とりあえずフロートに二人のパネルだけ乗っけるという前代未聞な演出は面白そうだからいつか見たい。絶対楽しい(笑)

 

*「突発〇〇」

仮の突発ラブを披露した日の事。イベント当日のお昼頃に「光一さんが歌詞を付けてほしいって言ってます」とスタッフさんに言われる剛さん→そんなこんなで出来ました、歌います→光一さん「発売決まってるの?」(ちょっと考え)まあ日にちは皆さんの方が詳しいと思いますので、とひらりかわす→曲に行く前に剛さんの前にステージ上からビニールテープが落ちてくる→「え?なに!?」「突発テープやん!!!」

 

MC①まとめ

 

安定のいつものKinKiさんでした!真剣に歌ってたからこの空気感のギャップがたまらない。二人のMCだあ~とほかほか。面白いし可愛いし楽しそうおしゃべりする二人が愛おしかったです。光一さんがとにかく笑顔、笑顔、笑顔、の連続で幸せだった。約一年ぶりぐらいになるステージを迎えた剛さんに「おかえり」って言う光一さんの声も「ただいま」って返す剛さんの声も温かかったところが素敵でした~~~

 

 

 

04.Topaz Love

 

ライティングが歌に負けず綺麗だった

ピンク・紫・水色が歌詞にあるネオンを再現していて

色的にも二人の色と合わさった色

大好き、って思いました。

 

歌詞や曲に関しては長くなりそうなので

ここでは割愛しますが

二人別々の歌詞を歌う場面

やっぱりドームの会場だと聴きとりづらいんです

 

でも、そこがまた

 

素直に言葉にできない不器用さだったり

言いたくても言えないもどかしさだったり

 

聴き取れないから目で追うんだけど

 

隠した心の中にある感情を

本当は見つけてほしくて仕方ない奥ゆかしさにも感じて

 

だからこそ重なりあう

 

「いいの」「いたいよ」

 

のたった数文字が響いたし

なんだか泣けてきてしまって。

 

同じ言葉の繰り返しですが大好きだなと。

二人の才能には永遠に酔ってられる。

 

05.愛のかたまり

 

Topaz Loveが一歩手前の曲なら

愛のかたまりはその名通りで

ここでくるのか、と胸が痛かったです

 

06.Time

07.Harmony of December

 

ほとんど泣いてて視界が・・・

見たかったから我慢したかったけれど無理だった

 

だってだって

 

Topaz Love 愛のかたまり は女性詞で

Time Harmony of December は男性詞

 

MCの入りどころを考えたらここでひとつのブロックが完成されてるんですよね。

 

Topaz Loveが

"彼への想いを歌う曲"なら

 

Timeは

"彼女と生きていく誓いの曲"で

 

愛のかたまりは

"冬の中で感じる彼との愛溢れる時間の曲"

 

そしてHarmony of December

"彼女の隣にずっと居たいと願う曲"

 

夏に生まれた曲(Topaz Love)が冬を歌う曲に繋がる。なんて、なんて、なんて、ドラマチックなんだろう・・・。愛のかたまりもHarmony of Decemberも雪だったり12月を思わせてくれるから本当にほんとうに・・・。

 

剛さんの突発性難聴が発症したのが夏頃でこの冬のコンサートには帰ってきてくれた。帰ってきてこの流れで二人して歌うの!?

 

だめ、この流れ本当にしんどい。

 

バンドの場合弦楽器の持ち替えがあったりするのでセトリはそれも考えながら組むからたぶんこのコンサートも色々な事があってこの流れになったんだと思います。わたしが思ってるような決まり方では無いってわかってます。でも、偶然だとしても、実現させてしまったこのコンサートに鳴り止まない拍手を捧げたい。

 

 

 

MC②※箇条書き※順番ごちゃごちゃ※雰囲気です

 

*「カッコつけてるな」

カッコつけて歌えないとふざける二人がKAT-TUNのモノマネ。なぜか身体を二人してねじる。そして斜め。そして睨みつけるようにカメラ目線。本人たち楽しそうで何よりだったけど途中途中で挟まれる剛さんのアカペラが上手すぎてちょっとした贅沢を感じた。あとカッコいいの基準がKAT-TUNなのが可愛い

 

*「オールインワン」

突然、本当に突然。光一さんが「剛くん!」と歩み寄り衣装に触りながら「破れてるよ!!!(大声)」→剛さん「これこういうやつで・・・」→オールインワンがわからない光一さんにふんわり説明する剛さん→結局わからなかった光一さんと諦めた剛さん「光一くんにファッションの事説明するのは・・・自分で調べて(丸投げ)」

 

*「聴きたい」

夏のイベントで剛さんパートを会場に来たファンのみんなで歌ったお話→光一さん「凄かったよ!」→剛さん「映像では見てたし届いてたんだけど体感はしていない。したいなあ」→ドームに居る六万人で「もう君以外愛せない」を歌うことに!

 

 

 

君が一瞬でも  いなくなると

僕は不安になるのさ

君を一瞬でも  離さない  離したくない

 

もう君以外愛せない

他にどんな人が現れても

もう君以外愛せない

今ここに君と約束するよ

 

たとえこの世が滅びても

君と誓った愛は永遠だから

きっと二人は幸せさ  ずっとね  ずっとね

 

 

08.もう君以外愛せない

 

MC中のお願いだったから

「良かったよ」と

笑顔で言ってくれて

またMCに戻ると思ってた

 

でも繋げるように二人が続きを歌い出す

 

 

 

僕が一瞬でも  弱気になると

君は不安になるはず

夢を一瞬でも  忘れない  忘れたくない

 

もう君以外愛せない

他にどんな敵が現れても

もう君以外愛せない

またここで君と約束したよ

 

たとえこの世が滅びても
君と誓った愛は永遠だから
きっと二人は幸せさ ずっとね ずっとね

 

もう君以外愛せない

他にどんな人が現れても

もう君以外愛せない

今ここに君と約束するよ

 

 

「君が一瞬でもいなくなると僕は不安になるのさ」ここのフレーズが剛さんが突発性難聴だと知らされたファンの気持ちと置くなら、「僕が一瞬でも弱気になると君は不安になるはず」のフレーズは剛さんの感じた思いなんでしょうね。

 

剛さんが歌を通して六万人のファンに約束してくれた時間。何にも変えがたい。

 

もちろんそれだけでも涙ぼろぼろなんですが、例え演出だとしても、大好きな剛さんがあんなに大勢の人から愛を与えられてる場面をこの目で見れてわたしも幸せで仕方なかったです。

 

歌い終わった後「ありがとう」と言ってくれたその優しい声は嘘も偽りも無くて、光一さんも穏やかな表情をしていて。まるごと愛おしかったし「何度でも聴いていたい。寝る前に聴きたい」「録音して作品にしたい」「それ凄い良い」そんなやり取りも目に出来て色々貰いすぎるぐらい貰ってしまった。

 

「幸せだった」それわたしだから。

 

あと

 

剛さん「聴きながら昔の事思い出してた」→光一さん「何を?」→剛さん「小学生の時とか・・・」→光一さん「昔って仕事の事じゃないんか!」と若干拗ねてて光一さんの相方愛が溢れた瞬間だった。可愛すぎ。

 

 

 

光一さんはソロの為お着替えへ

 

剛さんは正直無理をしてる、と言った。でも人生には無理をしなければいけない時もあるとも言った。KinKiは大切にしたい場所だと。

 

それはこの後

まざまざと見せつけられたので続きます

 

 

 

09.暁 ( 光一さんソロ )

 

フルオーケストラでやりたかった!と言って始まったソロ曲。タイトルらしく後ろのスクリーンに紅葉が映し出されて世界観を作ってたのが良かったです。踊りもキレキレ。

 

10.SHOCK! ( 光一さんソロ )

 

何が良かったって、これまでKinKiの楽曲で作り上げて来たしっとりとした優しいドームの雰囲気を壊しすぎないように暁を選曲して、その中にある光一節に火を灯しゆっくりゆっくり流れを作りこの曲で爆発させたところです(実際爆発もしたけど(笑))

 

うまい!って思った

この曲で一気にドームの色が変わった

 

色気と男らしさで魅せる感じ

好きです

 

11.愛の十字架〜Promise 2U〜 (光一さんソロ)

 

SHOCK!からのこれは・・・

三曲の披露でしたけど

全く違う方向から攻めてくるから

三曲じゃない満足感が凄かった

 

顔よし!踊りよし!歌よし!完璧!

抱かせてくださいって思いました(?)

 

11.5 ( 剛さんソロダンス )

 

光一さんがキレのあるダンスなら

剛さんのは音を最大限に表現するダンス

だと感じた

 

椅子とテーブルがステージにセッティングされその椅子に剛さんがかけたところから始まるショー

 

巧みなライティングと彼の表現力

剛さんのダンスを見ながらここに音が欲しいと思ったところにドンピシャで音がくる。違和感がない。音と踊りにズレがない。初めての体験。NGのない動画を観てるようでした。完璧に作られた、でもリアルな堂本剛の世界。

 

見る人によっては歌うのが辛いから歌わないんだ、と思うかもしれない。それは正しいと思う。でもわたしは彼の武器である"圧倒的な歌唱力"を封印して自分の身とステージと世界観だけで勝負してきたんだと心震えました。武道館でひとり取り残されてどうしようと思った、と言った彼がですよ。

 

素晴らしかった。

剛さんのセンス、才能、一級品です

 

あとカメラに抜かれたシルエットが

たまらなく好き

 

12.これだけの日を跨いできたのだから ( 剛さんソロ )

 

ところどころ「愛」に変えて

歌う剛さん

 

今の心情なんだろうなと。

やっぱり凄い人

 

 

 

13.硝子の少年

 

フルオーケストラの音楽で

会場をまたKinKi色へ

 

今回のセトリ考えてる人 天才

ソロからの切替に硝子の少年はぴったり

独特の空気感からまた一気に

KinKi Kidsの世界へと引きづり戻す

 

誰もが

KinKi Kidsがくる!とわかる

ただ、ただ凄い

 

曲中に銀テ発射

今回はないと思ってたので驚き

しかも量が多い

 

でも、ここが、いけなかった

 

たぶんこの発射音の後から

剛さんがより険しい顔をするように

イヤホン外したり音を取るのに必死

って感じだった

 

普段あまり表情を変えずに歌うので

良く言えば新鮮で

悪く言えば痛々しい

 

でもまだ終わらない終われない

 

14.ボクの背中には羽がある

15.愛されるより愛したい

 

16×17 DESTINY×Secret Code

 

初めての体感した演出方法だった

二曲交互に流れ、歌う

ライティングも煌びやか

華やかで二人の歌声も力強い

 

DESTINYの歌詞にある「レーザービーム」で会場にも緑のレーザービームが光ったのを見て、やると思ったけどやった時の強さやばいって思いました(伝われ)

 

18.Family〜ひとつになること

 

感動の嵐だったこのコンサートの締めくくりをこの曲にしたところが凄く素敵でした。二人の楽曲、フルオーケストラを目一杯生かせる楽曲、ラストに相応しい楽曲

 

そして歌詞の中で伝えてくれる愛

 

聴きながらわたしも

 

愛を知る為に 愛を捧げる為

生まれてくれた

つよい(剛さん)光り(光一さん)に

 

たくさんの愛を返したいなと

そんな風に思いました

 

 

 

アンコール01.全部だきしめて

 

会場に居るファンの手拍子でリズムを取りたがる光一さんが可愛かった。うまくいかないのをにこにこしながら見てるし一緒に手拍子やって剛さんにつっこまれてるし。普段は恥ずかしくて言えないですけど(恐れ多いので)こうちゃん、つよし、と声に出させていただきました、、、恐縮です、、、。

 

アンコール02.Next to you

 

難しい歌って言っていたけれど

歌い上げちゃうKinKiさんの実力

好きなフレーズが生の声で聴けて良かったです

 

アンコール03.薄荷キャンディー

 

剛さんの歌う「何度も泣かせたね ごめん」が

今の状況を表しているよう

 

フルオーケストラと言う事で

しっとりとした曲が多くなるのは

わかっていた事なんですが

剛さんがなにかに耐えながら歌う姿を見ると

届けようとしてくれてるのが

普段よりも大きく感じられて

涙が止まらなかったです

 

00.ending

 

しっかりと頭を下げ

光一さんより少し遅れて

ステージを降りる剛さん

 

硝子の少年からちょっと様子が

変わったと書きました

痛々しいとも書きました

 

決してマイナスではなくて

個人的には意地を感じたんです

愛で包んでね、と口にする剛さんから

 

硝子の少年以降の楽曲

歌の質が落ちたか、と言われたらNOです

 

KinKiが大切な場所だと思うからこその意地

 

素晴らしい楽曲に

自分の声を乗せる事を諦めない

質を落とさない

見た目はいつもと違うかもしれないけれど

曲だけは変わりなく作り手の想いを届ける

 

そんな風に見えてかっこよかったです

 

 

 

***

 

まとめ

 

去年のコンサートを

愛のかたまりだと言いましたが

今回のコンサートは

ファンへ届けるラブレターのような時間でした。

 

どこを切り取っても素晴らしいコンサート

 

この日にたどり着く前までこの先の不安だったり、このステージへの不安だったり、色々な不安を抱えてきましたが今は全然ないです。二人がその場に居ても居なくても、歌っても歌わなくても、KinKi Kidsはずっと存在してくれるんだなと思いました。二人がKinKi Kidsを誰よりも守ろうとしてくれているので・・・。

 

あまり書きませんでしたが、今回も照明はずっと二人の色がどこかしらに入ってましたね。ソロコーナーでもどこでも。いいですね~KinKi Kids。たまんないよね。あと今回サイドモニターまでシースルースクリーンでこれも良かった。後ろで輝く無数の光も大きく見えたしメインステージだけだったけど華やかだったなあ。衣装もね、カッコよかったし。剛さんがソロの時赤い衣装着てたのも胸にくる。衣装さんが用意してるのも知ってるけど、二人を支えるたくさんの人があらゆる全てでKinKi Kidsを表現しようとしてるのが最高なんです。

 

あと剛さんの「光一くん」呼びがかわいかった〜!ちょっと舌ったらずで可愛いの極み!!!光一さんの剛さんとお話しするのが楽しいって全身で伝えてくれるのも!わかったわかった、落ち着いてってこっちが言いたくなっちゃう。二人しか居ないからね、誰よりも待っていたんだろうなあ。唯一無二の存在は伊達じゃない。

 

ここまでに書いた感想は個人の感想なので同意してもらいたいとは思ってません。これが正しいなんて事も思ってません。ただわたしがあの約三時間の中で感じた事をつらつらと綴っているだけです。本当の事は本人達にしかわからないので。

 

それにしても贅沢な時間だった。

早く良くなるといいなあ。

 

KinKi Kids(チーム)の皆さんに

無限の愛とありったけの感謝を!!!

 

 

 

***

 

 

満足のいく演奏は出来ないかもしれない

 

でも弾くの

 

弾ける機会と  聴いてくれる人がいるなら

私は全力で弾く

 

聴いてくれた人が私を 忘れないように

 

その人の心にずっと住めるように

 

それが

 

私のあるべき理由

 

私は演奏家だもの

 

 

( 大好きな漫画より )