こういち君とつよし君

雑食系女子がKinKi Kidsについてひたすら語る場所

TVガイド person vol.49

探した・・・探したぞ・・・

いつも行く本屋さんで見つからなくてもう少し大きい本屋さんに行ってようやく!

 

近くに日経エンタがあって立ち読みしてたらKinKi Kidsだけじゃなくて生駒ちゃんとか宮野真守さんとか欅坂46が載ってて「うぇぇええ(買うつもりじゃなかった)」と思ってたら頭上から

 

 

 

ダララダッダダダッダダ ダッダダダッダダ ダッダダダッダダ タッタッ(中略) 青空に咲いたよ boys and roses and girls 夜空に咲いたよ

 

 

 

なんでこのタイミングで!?

 

イミワカンナイ!!!

 

買えってこと?買えってことなの?

 

有線のタイミング良すぎて持ってた手が少し震えました。KinKi Kidsすごい。

 

 

 

( 日経エンタさらっと読み )

 

「なんねんたっても」のPV撮影風景が出てた。じんわり。ふざけてる二人もあった。かわいい。

 

過去の自分達を見ても「ふ〜ん」ってとこがらしいな〜と。PVたのしみです、、、!

 

光一さんの連載は音楽番組とか生放送について語られてた。音楽の尺。生放送ならではの味。文字にされるとそうだよなーと思うのにズレていくのが不思議ですね。視聴率の取れない時代だから大変なんだろうなー。ウルトラフェスの尺気になる〜!

 

 

( 寄り道 )

 

 

生駒ちゃんが!飛鳥ちゃんの事たくさん喋ってて!感動。先月神宮でやった乃木坂のバースデーライブ制服のマネキンをはじめとした生駒ちゃんのパフォーマンスが凄い評判高くて嬉しい、、、。DVD出たら買おうかな、、、生駒ちゃん風邪気味なのに頑張ったんだね、、、生駒里奈〜推せる!!!

 

最近48・46グループも好きになってきて自分の行く末が心配。(次元関係なくアイドルって最高)

 

 

 

( person )

 

 

 

表紙の紙質がすき


全体的に秋らしい色合いが素敵だし写真のボケ具合も・・・表紙でここまでボケることあるんだ・・・加工なのか、絞りなのか。どちらにせよKinKi Kidsかっこいい

 

( 奇跡の2人 )

 

見開きばーん!


煽り文句最高じゃない?
もうしんどい

 

お写真

 

眼鏡・・・光一さん眼鏡・・・めがね〜あぁ、、、ありがとう眼鏡だいすきだ眼鏡外してる瞬間考えただけで吐きそう(危)剛さんは安定して似合うからずるい。

 

写真の色合い的に真面目なお顔して写ってるのがマッチしてるから最高。夏は、ポップな背景に真顔だったから内心「ねぇ!笑って!!!」って思ったけど秋冬はいいぞ〜!KinKiさんは秋冬がいい〜!!!

 

8ページ目がどタイプ
光一さんと並ぶと剛さんが華奢に見えてわたしの大好きな"カッコいい光一さんと可愛い剛さん"の組み合わせになるから声にならないときめきで苦しい。名字が同じだから結び付いたって言ってるけど性格正反対なのにお互いの事わかっちゃったり通じちゃったりしてる時点で意味わかんないし成長する中で身長差が広がらないところとか「身体的なものまで味方につけたの?最強じゃない?同じ次元に生きてるの?信じられない!!!KinKi大丈夫?実は違う世界から召喚されてない?」って思考が止まらないから本当よくわかんない。

 

( こーいちさん! )

 

無理やりな読解と言われていたけどNアルバムの「N」をそう捉えるのか。KinKiの二人を近くで見て感じた事がこの言葉に現れていてこの方から見たKinKi Kidsの関係性は「補い合う」だったんだ。

 

脱線しますが(また)昔やったとあるノベルゲームで大好きな言葉がある。

 

"物語は始まり、物語は続く、物語は世界だ、物語は自由だ、物語は嘘だ、物語は憧れだ、物語は過去だ、物語は幻想だ"

 

ここでは敢えて物語をKinKi Kidsと捉えます。


(前にも書いたけど)結局私は誰から見てもただのファンで、作られた(アイドルとして働いている瞬間の)KinKi Kidsしか知りえない。テレビを見たって、ラジオを聞いたって、雑誌を読んだって、知ってる気になってるだけ。私が見ているKinKi Kidsは所詮私に都合の良い様に作られているKinKi Kids。何を当たり前の事を、って感じですが久々に思い出した"物語は〜"の言葉に改めて気付かされた、とでも言っておきます。それもあってか少し前友人に「新曲(薔薇と太陽)テレビで見た!なんか別れて歌ってたよね?仲悪いの?」と問われた時、やはり人の数だけ"物語"があるんだな、と変なところで感心してしまった。

 

こうした"十人十色のKinKi Kids像"を思いながら前半の光一さんとインタビュアーのやり取りを追いかけると非常に面白い。

 

特に「6〜7年前の取材時〜」の話。

 

「・・・周りがそういうふうに(中略)我々は何も意識していないです」

 

二人の関係性をなんとか "特別" に色付けしたいインタビュアーの頑張りを涼しい顔して跳ね除ける光一さんがおかしくっておかしくって。

一方でこれっぽっちも望んでいないのに普通の会話ややり取りすらも "特別" に取り上げられてしまう二人が可哀想に思えた。私ならそんな見方をされたら嫌になって一緒に居る事もしなくなるかもしれない。でも二人は気付いたらここまできてたと言う。それって物凄い事。離れたい・離れたく無いの感情すら無い。それは居るのが当然で、二人が当たり前。・・・私にはそう思えてしまって・・・あぁ、KinKi Kidsって面倒臭い(褒め言葉)

 

( 楽曲 )

 

薔薇と太陽は楽曲そのものにエネルギーがある。発売から二ヶ月程経ちますが、それを実感している今。何曲も流して聴いている中、この曲が流れると「あ、薔薇と太陽だ」とイントロの部分で頭の中が一瞬で染められてしまう感覚は何度体験してもくるものがあって。だからNアルバムのイディオムを知った時この世界観が強い薔薇と太陽を何曲目に組み込んでくるのか、それはどういった意図になるのか、全部通して聴ける日が楽しみだなと。

 

そして光一さんはここで陽炎も同系統・同じエネルギーが込められた曲と言っている。ラジオで聴いて雑な感想は残したけど8割がた忘れてしまったので早くアルバム手にして自分なりにそのエネルギーを感じたい。

 

( 音楽 )

 

短絡的な取り組み方

あー・・・それはまた。
KinKi Kidsはジャニーズの中ではいい意味で異質。あと恵まれて愛されて、本当に素敵なグループです・・・。考えると二人はKinKi Kidsだから今もこの世界で生きているんでしょうね。

 

( アリーナツアー )

 

光一さんだったか、剛さんだったか、自分たちの活動を人生の生き甲斐にはしては欲しくない、と以前どこかでお話ししていた。ファンにはファンの人生があるときちんと見えてるからこその光一さんのこの言葉。素敵だ〜。これが理想のファンとの関係〜。

 

二人ばかり追い掛けてお金つぎ込んで自分の人生を疎かにしてはいけない。自分の人生をより豊かにしていく中で笑いたくなった時、疲れた時、悲しくなった時、二人の作品を見て癒されるのを目標にしてるのに〜なかなか出来ていない自分(目が離せない様なあなた達が悪いと思うんですけどどうですか?(ザ責任転換))いけないな〜ちゃんとしないと・・・歳を重ねるたびに魅力的になっていく二人に置いていかれてしまう・・・私もファンとして恥ずかしくないように成長しないと(前も言ってるたぶん)

 

( なるべくしてなった )

 

「器用じゃない分〜」からの言葉が正論すぎて読んでて辛い。光一さんは背中で語る努力の人・・・魅力に気付けた私ぐっじょぶ!!!この人の生きてる時代に産んでくれてありがとう両親!!!ブレない光一さんにまた惚れた記事だった。

 

推しが外見も中身もイケメンでしんどい。

 

( つよしさん )

 

始まりからハイレベル

文中の・・・と記載されてる文字の間が剛さんらしい。読んでてこうやって話してそう!って想像出来るのが楽しい。表現していただいてありがとうございます・・・!

 

キラキラしたポップス・ロック・バラードetc..Nアルバム発売に向けての雑誌だって知ってるけど

 

読む前「どんなアルバムかわかるかなー?読むの楽しみ!」

 

今「発売までまだ日にちあるじゃねーかよ!!!こんな事書かれたら早く欲しいじゃん!いい加減にして!作ってくれてありがとう!!!(キレ気味)」

 

になるのなんで?(戦略)

 

( 究極系 )

 

「ほかの人では無理なことを〜」

 

ここからKinKi Kidsの影に触れていきますがせっかくの10,000字インタビューが・・・。やっぱり周りの理想と本人達がぶつかっていて、もうこれは仕方の無い事なんだけど、この二人の場合はとにかく時代が悪かった気がする。

 

ここで最近ハマっている46グループを例に出すと乃木坂46の妹分である欅坂46のデビュー曲「サイレントマジョリティ」は歌詞もMVも何もかも女性アイドル特有の可愛らしい曲とは正反対の路線で周囲を驚かせたと聞いています。でも結果的には大成功を収めた。(現在MVの動画再生回数は2000万超)

 

"君は君らしく生きていく自由があるんだ"
"大人たちに支配されるな"
"初めからそうあきらめてしまったら"
"僕らは何のために生まれてきたのか?"
"夢を見ることは時には孤独にもなるよ"
"誰もいない道を進むんだ"
"この世界は群れていても始まらない"
"Yesでいいのか?"
"サイレントマジョリティー"

 

(※引用 二番のサビも「何?ここで話してる内容知ってるの?」ぐらいシンクロしてて驚いている)

 

乃木坂の「制服のマネキン」も同系色の歌で人気曲。こういった曲が支持されているのもあってか今では色々なアイドルのカタチが受け入れられていて剛さんのやりたかった事(やってる事)が特段変わってるわけでもないのに当時は「ジャニーズなのに」「アイドルなのに」という声が大きかったのかな。悲しいけどこの経験と時間があって今の剛さんが居るんだろう。

 

違った見方をすればかなり最先端
さすがじゃない?(ポジティブ)

 

( 何も考えていない )

 

二人の関係性については光一さんのところでダラダラ書いたから書かないけど「もう顔見るのも嫌」って言いながら一緒に居るのって最高すぎない。なんなの。「俺も見たくない」って返していざ舞台に上がったら綺麗にハモって「KinKi Kidsでした(ドヤァ)」えええ怖い!KinKi強い!!!(妄想です)

 

( ひらめき直感型ヒューマン )

 

凄いわかりやすい説明でした。

剛さんの言葉の選び方はいつも感動する。センスいいなー!!!

 

( 教科書 )

 

多くの人から愛され、望まれ、嫉妬され、批判され、大変な世界で生きてる人達の羨ましいところってここだと思う。才能や実力を兼ね揃えた人と出会えること。過去のエピソードを交えて展開されるトークは読んでいて胸が高鳴る。剛さんも光一さんもまだまだ発展途上なんだ。どこまで輝くのだろう?どんな世界を見せてくれるのだろう?そして模様替えを例に出して話す剛さんはやっぱりセンス良い!あー最高!カッコいい!!!

 

「自然体の自分を見せられる場所(KinKi Kids)には誰も入って来れない。来させたくない」

 

もうこの一言でお腹いっぱいです・・・ありがとうございました。なんでこの人たち関係性について聞かれた時は「周りが勝手に」とか言うくせにふとした時にガッツリ二人の世界出しちゃうの・・・なんなのKinKi Kids・・・よくわかんない・・・本当面倒臭いな(褒めてる)

 

 

 

( ラスト )

 

 

 

最後"KinKi20年目の旅は、これからも続く"と締めてからの、19ページ写真(青空×階段×KinKi×下からのアングル)って素晴らしすぎ。

 

( まとめ )

 

2万字インタビューとの事だったので私も長く書いてみようかなと思ったけど全然無理だった。文才くれ。写真も内容も花丸です。色々書きたくて時間がかかり気付けば9日(発売日)からアルバム発売日になってた、解せぬ。

 

めざましもブランチもMステもNHKもまだ一周しかしていないのでのちのち・・・ツアー始まる前には仕上げたい。雑誌ラッシュも突入したし忙しい(嬉し泣き)songsは買う。週刊朝日は見逃すけど今日発売のやつはコンプリートかな(待ってろ本屋)

 

アルバムの発売日に台風呼んじゃうKinKi KidsほんとKinKi Kidsすぎておめでとう

09/10 生放送ラジオ

9月なのに突然ですがKinKi Kids生放送!

 

ツアーのリハ後だったみたいで
おつかれさまです、、、!

 

眠い剛さんとF1が気になる光一さん

 

読み上げるメールの数の目標を11枚に設定してたけど果たして・・・!?

 

( 原稿無視してこのままでもいいよ )

 

♪ naked mind

 

香港?台湾?のお話
小籠包食べ放題素敵〜

 

私も台湾行った時有名なお店の小籠包いただきましたが本当に美味しかった!れんげに乗せてお箸で割るんですよ。すると、じゅわ〜っと中から肉汁が出てきて視覚的にも最高。思い出すだけでよだれでてくる。

 

なぜか「光一先生」と書かれたスタンド花。光一先生・・・いい響きだ。光一くんは失礼かもしれない、でも光一さんはなんだか他人行儀でちょっと・・・あ!先生!、、、みたいなノリですかね、知りたい。

 

KinKi Kidsのすきなところを読み上げながら光一さん、剛さん、それぞれのすきなところに。

 

剛さんのゆったりした話し方
ほっとするね。安心感がね。癒し。

 

ドSな光一さんは心眼で見てほしいそうで。
これだからツンデレは(小声)まあ、だからたまに出てきたデレの破壊力が凄まじいんだよ・・・(まさに今)

 

( 堂島さん いらっしゃい! )

 

「二人で歌ってるのに一人で歌ってる様に聴こえる」

 

・・・的な事をお話してた。

 

わかるー!凄いわかるー!!!
KinKi Kidsに興味が湧いた当初、初めてちゃんと曲を聴いた時に「あれ?二人で歌ってる?」ってハッとなった時があった。別々で歌ってるのを聴くと歌い方違うしもちろん声も違うのに合わさった途端ぴったり合うのが不思議で不思議で。他のアーティストを思い返してもここまで違和感ないのは凄い。

 

( かぎろいとーく )

 

KinKiにしかできないセパレート曲

 

"歌えば歌うほどエネルギーが構築されて"
"世界が広がっていった"
"歌っていて楽しかった"

 

"演出変えてショーアップしたり"
"二人の関係性"

 

"くせになるよね"
"弦のアレンジがすき"

 

あー
この人たちアーティストだなー
しみじみ思った。

 

入口はジャニーズでアイドルなんだけど

・・・素敵な歳の取り方ですね。

 

そんな陽炎


めちゃくちゃカッコよかった!!!
トークの中で光一さんが「ここで切るの?」って言ってた意味がよくわかったし、くせになるのも頷ける。KinKiにしか歌えない、、、。コードとか専門的な事はよくわからないけど、剛さんの言葉を借りるなら「前に出る曲」じゃないけど一曲に色々な要素が詰め込まれた、、、うーん、語学力がないからうまく言えない。例えるならクリスマスのイルミネーションを曇りガラス越しに見る感じの華やかさだなと個人的には思ってます(なんて拙いんだ)(ラジオで聴いただけだからちゃんと聴くと変わるかもしれない)

 

( おしえて堂島せんせい )

 

発売を控えたNアルバムのお話

 

堂島さんが手掛けた曲はPOPな曲が今回多いそうで。シングルが割とマイナーだったから、と言ってた。バランスって大事。

 

 


光一さん「レコーディングから見ててどうだった?」
堂島さん「集中力高いよね」
二人「無難」
堂島さん「ちょっと待って(扱い酷くない?)」

 

 


加えて途中二人のおふざけで「直近の貯金額」を暴露する流れになったけど(弄り方が手馴れてる)堂島さんしか見れないKinKi Kidsの姿にきゅーんとなった。

 

光一さんはスロースターター
声が出てきてから集中してやる感じ

 

剛さんはふぁーっと仙人みたいにきて
ふぁーっとやって終わる

 

お互い相手が居ない時に相手の事をよく話してる(堂島さんは自分が伝言係なのかもしれないと思ったらしい)

 

別々でレコーディングするのに相手を存在させて歌っていてそれが合うから気持ち悪い

 

 

 

キ モ チ ワ ル イ !!!(笑)

 

 

 

KinKi Kids出来過ぎかよ、、、。

 

曲を提供するにあたって今回改めて全部通して聴いた堂島さん。(20周年を迎える)今だからこそやってもいいのでは?と思って作られたのが全部ユニゾン

 

「なんねんたっても」

 

こうやって真摯に向き合ってくれる方の作品を託して貰えるKinKi Kidsは幸せですね〜。堂島さん本当良い人だ。

 

 

 

剛さん「今回は(生演奏)ヴィオラで」
堂島さん「弾けねぇから!」
光一さん「オカリナ」
堂島さん「ちょっと!(扱いが酷い)」

 

 

 

・・・堂島さん良い人(笑)

 

( 光一さんあげてこーぜ! )

 

僕は考え方が古いんですよ〜って言う光一さんに、いいんですよ〜と言う剛さん。

 

KinKi Kidsの素敵なところ


長年連れ添ってるのにこういう関係でいられるのが素晴らしい。

 

脱線しますが
何かの番組で聞いたことがあって。日本では身内の話をするとき「うちの子だらしないのよ」など謙遜も含めて下げる言葉を口にする事が多い。でも欧米では家族だからこそ褒めるそう。私の周りにはやっぱり前者が圧倒的に多いんだけど、KinKiさんのこのやり取りを聞いてほっこりした。

 

♪ 夢を見れば傷つくこともある

 

吉田拓郎さんの話からハワイ出ました

 

ハワイ!!!
行きたいんだね!!!
ハワイ楽しいもんね!!!

 

私もハワイ最高に楽しかった思い出しかない
ブンブブーンで行きますか・・・(Twitterで関係者が呟いた事は知っている)(期待していいんだよね?)

 

スッピンGirl

 

( 無理せず上げられるおしゃれな曲 )

 

♪ 薔薇と太陽

 

ここで吉井様からのメッセージ

 

(「ヤバい」って言ってた光一さんが可愛い )

 

"薔薇と太陽"(光一サイド)
楽曲提供の話が来た時「ようやくきてくれた!」と喜んだ吉井さん。とにかく嬉しかったと。声からもそれは伝わってきて、そう思わせるKinKi凄いって思った。

 

"ホタル"(剛サイド)
KinKi Kidsはジャニーズの中でも少し異質。日本の夏の怖さ、懐かしさを感じてもらえる一曲かなと。

 

「エロティシズムを」って単語が飛び出してきて、えろてぃしずむ・・・wikiさま〜

 

(引用)

あらゆる表現手段を用いてそうした感情をかき立てようとする試みについても用いられる。

 

根底的にはエロティシズムは、異なる二人の人物がもつ二つの世界がやがて一致するという約束である。確かにそのことは肉体的にでなければ不可能であるが、いずれにせよ一つの約束なのである(プラトンの『饗宴』中でアリストパネスが語る逸話を参照)。


・・・ほぉ。

 

( どうしたってドキっとする )

 

"剛くんの膝の事があって踊り×ギターとなったけどそれが良い方向に転がって二人を上手く共存させた"

 

"躓く事で開ける事がある(これからもどんどん躓いていこう)"

 

ニュアンスですが。

 

光一さんは雑誌のインタビューでも話してた「躓く事での可能性」

 

これ目にした時、感動した。
長年やってると始めたばかりの時に出来なかった事が出来る様になって、魅せ方のレパートリーって増えるんだけど新しい表現を見つけるのがなかなか難しい。刺激を受ける事で、躓く事で、また世界が広がっていく。この人は物作りが好きなんだなーと改めて思った。ずっとやってきているのに貪欲に求め続けるその姿勢はかっこいい。

 

( ゆっくりだけど世界観が広い )

 

生演奏は"ホタル"


二人の歌の上手さもそうだけど

 

ギターとんでもなく良い音色だった!

 

始まる前、声出しを始めた剛さんと光一さんの会話が・・・。

 

 

 

光一さん「そこ俺のパートや」
剛さん「そかそか」

 

 

 

ゆ、ゆるい、、、。(でも声が優しい)

 

( ファイバーじゃなくてファイヤー )

 

♪ なんねんたっても

 

KinKiのコンサートに来て良かったなって気持ちが分かち合えると良いな

 

の堂島さんの一言に泣けた。

 

あなたが神か。

 

( まとめ )

 

終始和やかで自由で楽しそうなKinKi Kidsでした。二時間あっという間。途中途中で流れたアルバム曲にますます発売が楽しみになった。

 

素敵な時間を提供してくれた二人と堂島さん、吉井さん、支えるスタッフさん、全ての方に感謝を。

 

( ジャーン )

 

さよなら!
ばいばい!